。

ブログご訪問ありがとうございます、新宿大久保店の純巫(じゅんみ)です(^^)

。

。 

「【心理学】「人からどう見られるかの私」と「感じる私」」

。

。

生誕1902年1月8日の臨床心理学者カール・ロジャーズが提唱した来談者中心療法の一部をわかりやすく、簡潔に、役立つ心理学なのでシェアさせて頂きますね。

。

とても有名なので、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

。

。

。

。

■青の丸

これを、「理想の私」や「観念我」

などと言います。

「人からどう見られるかや、人にどう見せたいかや、人の期待を意識した私」と言ってもいいでしょう

。

。

■黄色の丸

こちらを、「本当の私」や「現実我」などと言います。

本当は競いたくない、本当は誰かの喜びになりたいの、などの「感じている私」となります。

。

。

。

1枚目のイラストと2枚目のイラストでは、青い丸と黄色い丸の重なり合っている部分の量が異なりますよね。

。

1枚目のイラストの状態は、外側の顔と内側の顔の差が広く、心の葛藤や苦しさや我慢が多くなってしまいます。

ロジャースは、これを自己不一致といい、神経症や心身症の原因と言いました。

。

そして、2枚目のイラストの状態を自己一致と言い、心の葛藤は少なく、望ましい状態と言われました。

。

。

鑑定中は、このような知識をシェアすることは、殆んど無いのでブログで役立つ心理学、シェアさせて頂きました。

。 

。

では、自己一致の状態が望ましいのなら、わがまま放題!?言いたい放題!?でいいのか?、思う方もいらっしゃるかと思います。

ここで、大切になってくるのが、「知恵」なんですね。

知恵は、知識や経験を試行錯誤することで生まれていきます。

。

。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

因みに、色は説明する為に分かりやすく色付けしてあるだけで、ロジャース理論とは関係ないです。

。

。

#占いハートフル#新宿占い#大久保占い#新大久保占い#当たる占い東京