★男性選び~婚カツ偏~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  

「過去と他人は変えられない」

という有名な言葉をあなたも、一度や二度、見たり、読んだりしたことがあるのではないでしょうか。

これは、心理学者エリックバーン博士が言った言葉です。

 

女性は、お腹の中で、赤ちゃんを育むように出来ていたり、

母乳が出て子供を育てるような体になっていますよね。

なので、どうしても、内側に意識が向くようになっています。

家庭を育むとか、与えられた中で幸せを見出すのが得意とも言えるでしょうね。

 

一方、男性は、外、社会に、意識が向くように出来ています。

狩りをするとか、生計を立てるとか、

挑戦していくとか、出かける、出向くとか、やってみるとか、、

 

だ・か・ら・こ・そーーー

なのですよね。

男性選びってすっごくすっごく重要なわけは。

外に意識が向いていく性(さが)の男性にとって、

合わせるとか、協調、共感、共鳴が、女性より、弱いから、、、

女性よりも、

「性格や考え方が変わり難い」

と言えるのです。

 

 

ね!?

同級生とかちょっと周りを見渡してみて欲しいのです。

女性よりも、男性って、趣味とか職業は変わっても、そんなに、性格とか、考え方とかって、大きく変わっていない人多いでしょ!?

 

では、どんな男性を選ぶといいのだろうか・・!?

こちらから、

「どんな男性がタイプなのですか!?」

という質問をしてみると、私も以前はそうだったのですが、結構曖昧な答えが返ってくることって多いのでよね。

もちろん、いきなり質問されて、すぐには出てこなかったということだってあると思うのです。

 

まずは、自分がどんな性格なのかをよく知ることが重要なんですね。

自分にも変えれないところがあるからです。

そこを合わせなければならない相手との生活は苦痛ですよね。

 

お父さんとか、ご兄弟とか、一緒に生活を共にしていた男性の話をお伺いすると、あなたに合う男性を探しだすことが出来るかもしれません。

(女性のみの家系でも大丈夫です)

 

そして、性格は表裏一体なので、

例えば、優しい人が合うとなったら、

優しい人=時に優柔不断な人

でもあるわけですから、「時に優柔不断な人」という部分も受け入れていかなければなりません。

逆に、時に優柔不断な人を見つけたら、ひっくり返せば、優しい人でもある、という風に相手を理解していくことができますよね。

 

 そして婚カツは焦らないことが何よりも重要です。

焦っている人を、人は(男性も女性も)好きにはなりません。

適齢期は社会が決めるのではなく、個々の運命です。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたの結婚報告頂くまで頑張ります!

純巫じゅんみ

インスタで3択占いや今日のメッセージを時々アップしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*