本当は怖い「まあいっかの先延ばし」だからいまやる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、まんまマリアです。
いつもブログへおこしくださり
ありがとうございます。

誰でも思わずやってしまうのが
決めることを先延ばしにすること

いつかは、転職したい
いつかは、結婚したい

考えていると1週間や1か月が過ぎる。気がつけば10年が経っていたりしますね。

困ったことに「いつか」はやってきませんね。

選択を先に延ばす本当の怖さ


あなたをとりまくひとをみると、今の自分よりも、会社にいくのが楽しそうにみえます。一年前に結婚した人も幸せそうです。

まわりと自分を比較すると自分だけが、何も変わらないと感じます。なんだろう、自分だけが変わっていないような。

あせる気持ちを押さえて、このように考えてみましょう。

5年後このままならどう感じますか?

「ありえないです」

3年後このままならどう感じますか?

「やっぱり嫌かも」

1年後このままならどう感じますか?

「微妙に続けているかも」

 

期間を短くして感じてみると限界がわかってきます。
5年後を想像するとぞっとしませんか。

すぐにできていたらもっと違った未来がまっているかもしれませんね。

「まあいっか!」の未来

こわいことは先延ばし・向き合うことは先延ばし

やはり「いつか」はやってこないですよね。
先延ばしはその場しのぎでやり過ごそうとしているので
「いつまでも」このままになってしまいます。

いま向き合うことができれば
もっと早く状況がかわっていくのですから
行動を起こす前は、とても不安です。

やってみなければ、結末は誰にも予測つきません。
転職や会社をやめることで「結果的に辞めてよかった」と
思えるのは先の話になります。

 

 

すぐやる未来とは

すぐやるということは、なかなかできることではないと思います。
明日でも良いことをきょうやるのですからね。

いまやるから成功する
いまの連続が未来なのですから
いまやることが叶うことであるから
いまやった未来しかないことになりますね

まんまマリアのアドバイスは、すぐやることができるアドバイスを
お話ししますね

続きは店舗でお待ちしております。

まんまマリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*