いままでと違う人生を歩みたいときする行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いつもブログにお越しくださりありがとうございます。

ものごころついたときには、この顔と身体を手に入れていました。こんなに慣れた顔なのに、鏡に写る自分は見れない、嫌いと思うようになっていました。
人生を変えたいと思うときにちょっとしたコツがあります。

鏡にうつるのはだーれだ?

時々、鏡の中にいるひと(自分)と目があうことに違和感を覚えています。
トイレのあとの鏡。歯磨きするとき。
お風呂場に鏡があったら、自分のからだをみるのもイヤですね。

「目の前にいるかたは、誰だろう?」
とまで感じるようになるのです。

鏡に映る自分が嫌いで
自分の目を見ることができないときはありませんか。

「いままでと違う人生を歩みたい」
とおもったら
誰にでも簡単にできるとっておきの方法をお教えしますね。

あえて苦手と向き合うことで受入れられることがある


何かを考えて行動したいと思うとき勇気が出ないことがあります。
「これからは自分の生きたいようにするんだ」
と考えたときにおこる。葛藤のようなものです。

自分のことを考えていくと、ますます客観的にみることになりますね。
そう、視点を変えてみるという方法があります。

自分の写真を写真館できれいにとってもらってみてください

だんな様や、家族、恋人に
「ナルシストだね~」と
言われたとしてもへこたれないでくださいね。

ちょっとおしゃれな写真たてにいれて、いつも見えるところに飾っておきます。スマホの待ち受けでも良いでしょう。

朝も、夜も毎日、きれいに撮影してもらった写真を眺めるのです。3日ぐらいするとある変化を感じます。

「目がキュートだわ」
「お鼻も小ぶりでかわいいかもね」
「唇は案外プリプリしてかわいいかもね」

写真館で笑顔で撮ってきた自分のお顔をまじまじと見ることで
だんだん、変化が起きてきます。
少しずつ好きになれるのです。

そして鏡に映る自分に自信が持てるようになります。

ここからが本番です。
あとは勇気をもって選択ができるようになるでしょう。

まんまマリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*