「いつの間にかゴーストライター」それが仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まんまマリアです。いつもお読みくださってありがとうございます。

<#29>

仕事とは頼まれたことをすることと
みずから仕事を作り上げていくふたつがあるとおもいます。

今日はゴーストライターについてかきたいと思います。
いつの間にかゴーストライターをしてしまっていることに、気が付いてしまった話ではなく、

気づいていてもやることになるというお話しです。
そうでないと稼げないし、仕事がもらえないですから。

それがゴーストライターですね。

 

そもそもゴーストライターは影の存在で
おもてぶたいに出ることはないのですね。
それにしても、疑問を感じます。

全力でやることに意味が見いだせないからです。

 

仕事に疑問をもつことって大切かも

ゴーストライターの場合、個人名では呼ばれません。
寂しいことですね。責任があるはずなのですけれど
ないようにも感じたりします。

特に、疑問を感じるときは一緒に会議に出るとき
自分が作っている文章、パワーポイントデータが
他の人の名前になることのさみしさというのはあります。

さすがに、5年で辞めることにしました。
自分の力にはなっていますけど
そこに、ほこれるものを感じられなくなったからです。

 

幽霊でもやり続けること

やっていて楽しいことと言えば、その文章や画像、分析が「良くやった!わかりやすい」と評価されたりすることでしょうか。

しかし、自分がやってきたものをお披露目できない
のであれば、やらないことのほうが得なのかもねと
思ったりもしますね。

それでも、仕事を依頼してもらうえるのはありがたいし
この先、他の人のもとへこの仕事が行くのかと
思うと居ても立っても居られないのですから。

幽霊であってもきっと役にたっているし、
その仕事が必要なのですからそれもよしでしょう。
やり続けることこそ能力なのだと言い聞かせております。

ゴーストライターだけでなく、転職の悩みもご相談いただけます。

今日はこのへんで
最後までお読みくださってありがとうございます。

 

1/fゆらぎ声でメッセージを届ける
占い師まんまマリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*