back numberバックナンバーから恋愛術を学べた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まんまマリアです。いつもお読みくださってありがとうございます。

<#32>

恋愛をしているひとも、そうでないかたにもback number(歌手)の曲は情景が浮かんできますので
恋人がいるような感覚で聞けます。🎧

歌詞にこめられた感情のつまった表現が女心をよく伝えていて
空想で恋するならこの曲がいいですね。友達にも薦めたい曲です。
寂しいとき、ごはんのおかずとしていいかもしれません(#^.^#)

 

 

「助演女優症」という歌は女性の姿が露骨すぎていい

甘い声で誘い出してわたしの気持ち全部わかってるくせに

都合が良くって頭の悪い女を演じてあげる

身体重ねるたびに想いが募るのはどうやらわたしのほうだけだね

 

男性にモテる女性は「頭の悪い女を演じている」
どうしてそうするかっていうのは、可愛くみせたいからですよね。
好きになってしまったときのピュアな女心がすてきですし、
大人でもそのときの気持ちを思い出せるというのはいいものです。

 

「助演女優症2」でいよいよ女のこころがかき乱される

 

最後のデートぐらいはどんなに多忙だって
おくれずにきてよ・・

この日ぐらいは指輪をはずしてきてよね

あたまのなかで見せた本音は
キスひとつでとけるものさで

あなたごのみで清楚をまとって・・

わたし幻に恋してだからあなたは・・・

わたしのものにならないのに

どうしてまたお気に入りの服であなたを出迎えているの・・

 

好き♡と、ピュアだった状況からもっと自分のものにしたくなっていく感情と表現がいいです。
「自分のものにしたくなった女心」がどこか切なくて泣けてきますね。
分かっていても彼に向かってしまう気持ちがここにはあって、どうしようもなく切なくなっていくのです。

 

お暇なとき、YouTubeで聞いてみてくださいね☺

 

今日はこのへんで
最後までお読みくださってありがとうございます。

恋愛おむすび まんまマリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*