まさかのUFO遭遇から、今思えばあれが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもブログにお越しくださってありがとうございます。

〈#78〉

こんなにもUFOを近くでみたのは初めてでした。

あの日は11月4日の夜です。7つの光を見ました。

ブログで書くことでもないのかなとも思いましたが

2018年の思いでに書いて残しておきますね。

 

雲の中にある光

あれこれ意味を考えてみたり、あのとき動画をセットしているのに

無意識に録画ボタンを押せていなかった自分。

一瞬、話題性など考えたりして、くやしいなぁとも思っている自分。

今となっては取れていないことに意味があるのではないかと考えるようになりました。

 

そのひかりはサーチライトのように騒がしく光っていました。

赤い楕円形の光がひとつ。高速でくるくるその場所を回っているように見えました。

オレンジの光も少し左斜め後方にあって

赤い光よりも小さな楕円形をしていました。

さらに左側には4から5つぐらいの白い光が規則的な動きで

回転していました。

だんだん高速で回って白から水色にと色を変えて回転しています。

 

大きさは遠くには見えているのですが

月を平べったくしたぐらいの大きさでした。

その光が7個それぞれが高速で回転しているように

プルプルして見えていました。

 

わたしが気が付いて、見はじめてから3分ぐらいのできごとでした。

 

 

宇宙認識がもたらす意識の拡大と統合

さて、バシャールというかたをご存知でしょうか。

6年ぐらい前に気になって買った本がありました。

その方がいうには2012年から2025年の間に

UFOに遭遇する機会や

地球人以外の他の文明の意識が存在していることを

認識することになるようです。

個人に対するコンタクトがはじまりました。

先日、たまたま声をかけてくれたのでしょうか。

 

かれらの目的が何であれ

わたしたちも、意識を拡大させていって

恐れを手放して変容しませんかといわれている気がしました。

「はやくこっちにおいでよ」と言われた気がして

ワクワクした感じを受けました。

この感覚が統合する感覚なのでしょう。

 

特に興味のあるかたには詳しくお話ししましょう。

声をかけてくださいね。

今日はこのへんで、最後までお読みくださってありがとうございます。

 

恋愛おむすび まんまマリア

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*