時間はあなたの命そのもの。誰と、どう過ごすか選択する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛おむすびファイル〈#82〉

一年はあっという間です。今日は幸福と時間について書きます。

未来はいつ来るのでしょう。わたしもタロットをして、いつも何気なく展開している部分。

未来は誰にでも平等に来ていると思ってしまうのですが

・今の過ごしかたによって

・今何を考えているかによって

大きく変わっていくようです。

 

「好き」と「嫌い」について

誰と過ごすかでも未来が変わります。「嫌い」という反応も「好き」と思う反応も、ごくごく自然に起こる現象です。

食欲や性欲、エゴイズムの部分、それをうまく運用してしまえばよいのです。

追い払うのではなくて、活用、運用です。

必要なとき必要なものを、必要な分量、適量に引っ張りだして使うのです。

難しい話にしてしまってすいません。

 

簡単なのは、好きを見つけるのではなくて

「嫌い」と思う部分を見つけていくこと

人生を豊かにしていくことなんだと思うのです。

嫌いを正確にみつけていけると人生を乗りこなせるのです。

この世にいる人の中で自分が「好き」と思える人物は案外少ないものです。

 

初めて会う人も「好き」か「嫌い」の反応が待ち構えています。

「嫌い」という反応の運命なんですね。

受け入れてみましょう。

「どうぞいらっしゃい、嫌いなひと」

 

時間は命そのもの

今の連続が未来です。

人生と書くと長いと錯覚しますが、時間とすると短いと感じます。

せっかくの時間(命)です。後悔のない時間をつかってください。

 

時間割のあるスケジュール帳をつかって、今日の時間の過ごしかたを書いてみてください。

そのなかで埋まらない空白部分に注目です。

唯一平等にあるのが、空白部分に何をするかは自由に選択ができるのです。

もうお分かりでしょうか。

選択までは平等です。この先は、

命の使い方であり、豊かさを決める分かれ道という道具です。

一緒にいてくれる家族、恋人、同僚。わたしが決めてきた人たちとの奏では

一緒に分かちあう時間で命そのものです。

いつもありがとうございます。

 

 

今日はここまで、

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

まんまマリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*