結婚11年目の真実。あれは夫の浮気がきっかけでした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛おむすびファイル〈#84〉

「あのことは、夫の浮気が原因でした」話てくれたのは結婚11年目の女性です。

お悩みを抱えていらっしゃるのは、自分も浮気をしてしまったからなのです。

結婚していても、独身でも好きになってしまうかもしれません。

 

 

相手が結婚しいているかどうかで、罪悪感が出たり、出なかったりするようです。

普通に考えたら「やってはいけないこと」だから。

浮気をしてしまった女性の目線で、どのように解決していったかを書きますね。

 

ひとりで抱えないで

夫婦共働き中でした。子供はいません。恥ずかしなら夫婦の夜の営みも4年以上ありません。

スケジュール帳に最近は書き込むこともなくなりました。完全に女を忘れています。

下着だってよれよれのものを身に着けている。新品はいつ買ったでしょうか。

 

ある日、彼とひょんなことから・・・だいたい女性の方が積極的だったりする

身体の関係に発展してしまいました。

ここからが地獄です。

夫と二人の家にいるのが苦痛になっていくのですから。このころがきつい時期でしょう。

 

自分(妻)が浮気するということについて考える

どうしてそうなったのかって?

「だって、彼が浮気したから」

この時点で自分で責任を負っていないですね。だから、厄介なようです。

誰かのせい = 夫のせい

にして、先に突き進んでしまうのですから。

「自分の考えを自分の責任で経験する」ことが、まともな心理状態なのだと思います。

誰かのせいにするのは、一見まっとうなやりかたに感じてしまいます。

 

誰かのせいにしなくなってくると、本気の恋愛ができますね。

 

夫のこころの寂しさや弱さを受け入れて

夫が浮気をすることには理由があります。決してひとりの問題ではないことが多いのです。

思い出してみてください。

・あなたは夫に笑顔を見せましたか?

・あなたは夫と会話をしましたか?

・あなたは夫の話を聞こうとしましたか?

・あなたは夫が寂しがり屋さんだと知っていましたか?

・あなたは夫が会社でひどいストレスに会っていることを知っていましたか?

 

どうでしょう。気づいてあげていなかった部分ばかりではないでしょうか。

ひとりで、耐えながら悩んでいるのだと思います。

妻には言えない夫の反抗心(プライド)なのでしょうか。

わかってあげてほしいのです。夫の寂しさや弱さというデリケートなこころについて。

何歳(いくつ)になっても男は男らしくいたいものなのです。

納得するというより、わかってあげてほしいなと思いました。

 

最後までお読みくださってありがとうございます。

 

まんまマリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*