何も知らない夫。用意周到な妻は44歳。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの家庭は大丈夫でしょうか。離婚のことなんて一度も考えたことのない妻が、まさかそのようなことを口にするとは思っていなかったとうケースがあります。

離婚は他の家庭の話だから、家には関係ないと思っていたら一応、忠告しておきたいと思うのです。お願いですから他人ごととは思わず。会話が出来ているか、パートナーのことを思いやっているか。見直しして欲しいと思うのです。

突然そんな離婚するってなに?

突然、妻から「離婚したいんだけど」と言われてしまう。そうなったらあなたはどうしますか。

なんとその翌日には奥さんは彼の家にいっていたのです。何が何やらわからない様子。夫には自覚症状はありません。妻が家に帰ってこない日が来るなどとは夢にも思いません。子供は二人。

夫に言わせるとこれだけ仕事をしていて、休みの日にはちゃんと買い物にも付き合っていた。普通の家庭の普通の日常だとばかり思っていたのに。信じられない。

奥様の思い、夫の思い

結婚していても「恋」というのは不思議です。夫以外の人も好きになってしまうのですから。

奥様の考えをタロットから読むと、「夫は子供の面倒をみない」という不満が溜まっている様子でした。 特に、思春期の男の子のしつけは悩んでいたのでしょう。

夫さんの思いは、仕事の人間関係が問題でという内容になっていて、会社の悩みがころを占めているのでした。仕事が大切だからこそ、家庭のことは共働きの奥様にまかせっきりだった様子です。

共働きの夫婦の共通点

共働きの場合、奥様だって家庭のことを任されてしまうので仕事から帰ってする仕事も大変な重労働だと思います。一方で、旦那様も家族全員の為に働こうって思いは人一倍あるでしょう。

ふたりとも、何かに夢中なんです。誰かを忘れていませんか。夫婦であること、一人で何事も進めているような気持ちになってしまうようですね。ごめんなさい、全てのかたに当てはまるものではないと思っています。共働き夫婦はどうも、奥様がうっぷんをため込んでしまうケースが多いですね。

外に働きに出るような女性は、行動力も情報収集能力も高いので、「離婚しよう」と決めたら早く、用意周到なところがあります。旦那様は置いてけぼりになっていきます。

占いでどちら側につくかにもよりますが、もし離婚をしたくない場合、これからは難しい課題が待っているようにも感じます。しかし、一度ご夫婦のありかたを実感できる土俵に立てたのですから、休憩のつもりで深呼吸してから考えてみましょう。

まずは、現実を見つめる深呼吸です。判断を急がないでくださいね。

誰かに話してみましょう。

まんまマリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*