まいとしこの時期になると東日本大震災のことを思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まんまマリアです。いつもお読みくださってありがとうございます。

<#28>

毎年、3月が近づいてくるとソワソワしてきます。

2011年の東日本大震災のことを思い出しています。

 

「おれは、震災がおきたことが、とても悔しい。みんながわすれても絶対に忘れない!」

と、言っていた言葉が頭に焼き付いて離れないのです。

彼は宮城県の南三陸町に住んでいるかた。

わたしが以前、働いていたところの社長でした。

この場所は、海のある町で、仙台からは100㎞ほど離れていて気仙沼寄りに位置しています。

 

南三陸町のホームページをみたら景色など綺麗なのでリンクを貼っておきますね。

南三陸町の公式ウェブサイト

南三陸町への移住することができます

 

震災のこと

震災がおわった後のできごと

色々と思いだします。この場所は特に被害の大きかった場所でした。

防災無線やテレビでは、津波の高さは6メートルでしたが

当時はもっとビルの5階以上に逃げないといけないぐらいの高さまで

大きな津波が来たのですから想像以上に恐ろしかったと思います。

 

わたしたちは、会社が内陸のほうにありましたので無事でした。

震災は間違いなく、わたしにとっても大きな転機になりました。

人生のターニングポイントでした。

いま占い師としてやっていけるのもこの日があったからです。

あのとき、あなたがいったことばを、きっと忘れないと思います。

どうしようもない怒りのような、悔しさを感じました。

多くのひとの運命を変えたできごとになったことでしょう。

2011年の東日本大震災を思い出すたび、生きる意味を感じています。

今この命、燃え尽きるまで生きていきます。

 

今日はしんみりとなってしまいましたが

命あるかぎり、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

今日はこのへんで
最後までお読みくださってありがとうございます。

 

1/fゆらぎ声でメッセージを届ける
占い師まんまマリア

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*