うっとうしい人間関係の風通しを良くする方法<家庭編>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まんまマリアです。いつもお読みくださってありがとうございます。

<#35>

どこにいっても人間関係だけは逃げられないですね。仕事に行っても、家庭に入っても、死ぬときですら一人ではできませんね。もちろん生まれる時もです。さらには複雑に絡みあった関係をつくってしまうとこれはまた、おっくうになる一方ではあります。
今日は家庭における風通しのよい生き方についてかきたいと思います。

 

大抵のご家庭では、なんらかの不満を抱えているもの

大きくて一戸建て住宅を新築して立てた若夫婦にまっていたものは、35年ローンと周囲からのねたみでした。実はこの家は一大決心で買ったもの。ご夫婦の仲直りのあかしだったのであります。

やっとの思いで買った家を立てて幸せというと周囲からのねたみがはじまるのです。

まわりから見て、お金もありそうで、お子さんも頭がよくて、奥様もいつまでも若々しくてきれい。に見えても何らかの不満があるものです。

何をやっても言われるし、近所の家庭のことを言いたくなるものなのですから、お互いにお気持ちもわかってあげる」のも、風通しの良い人間関係になるかもしれませんね。

 

親子の風通しは性格を知って受け流す

親の目線で書きますと、生きやすい方法は、子供の性格を知ることだと思います。

タロット占いを通して、親子の性格を知ることができます。更に「お互いが望んでいる人間関係」を見つけていくことができるのです。

心理タロットでは性格や世代の特性を64通りの組み合わせから、詳しくアドバイスすることができます。

まずは、ご自身の性格を知ってみませんか。

 

今日はこのへんで
最後までお読みくださってありがとうございます。

 

1/f(エフぶんのいち)ゆらぎの声でメッセージを届ける
占い師まんまマリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*