婚活に「恋愛」を持ち込むと面倒くさくなっちゃう3タイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

望まれるかた全ての方に幸な結婚をかなえたいですね。結活と恋活は同時にに叶えられないと思われがち。恋から、そのまま結婚が理想。婚活で良いムードになっていても、本当にこのひとかなと考えこんでしまう。

婚活をする中で恋愛を持ち込んだら、面倒くさくなる。面倒なことになる前にわかっていてお付き合いをしたいもの。

今回は、相手のかたは理想だわ。と思ったかたほど、知っているとあなたの気持ちが傷つかずに無理なく楽に付き合うための準備として、簡単に見分ける男性の3つのタイプを書きますね。

1・結婚したことがない相手の場合は「何ごとも無理させない」

2・結婚したい独身の場合「何でも聞いて頼ってみる」

3・結婚したいけどというバツイチの場合「恋愛以外は相手に入り込みすぎない」

男には3つのタイプがある

1・結婚したことのない場合

男性が何歳になっても変わらないものがある。それは彼女の好みではなくて、こだわり。

「結婚したいと思うけれど、何が良いの?」

という答えが返ってくる場合、なかなか結婚に結びつけにくいのである。彼がそう話す場合の理由は

親がいて、生活もできて、今がこのままで満足している場合である。不足なこともるけどれど、自由もあれば他には自分の好きなものや、好きなことをやれたらそれでいいのである。

恋愛すると

家から出ないとか、彼女に手間をかけることをしなしでしょう。デートの予定をたてたり、プレゼントをあげたりとかはできないと思います。

結婚したことがない相手の場合は「何ごとも無理させない」ことです。

逆に言われないとわからないので、タイミングをみて伝えたい。

2・結婚したい独身の場合

目的が結婚したいので、トントン拍子にすすみそうです。結婚したいという目的意識は女性と同じなのですが

恋愛をすると

男性のペースになりがち。マイペースに恋愛する隙を与えてもらえないでしょう。

結婚したい独身の場合「何でも聞いて頼ってみる」

もう彼に何でもやってもらうつもりで、感情も出しながら頼ってみよう。

3・結婚しにくいバツイチ

バツイチの恋愛は少し雑になります。とはいえ、全てが雑になるのではなく、あまり構わないで、放っておいて欲しいです。

恋愛は雑になりますが、それは釣った魚に餌をやらないのです。アフターケアやフォローが薄いので、女性にとっては都合のいい人って思ってしまうかもしれませんんね。

結婚しにくいバツイチの場合「恋愛以外は相手に入り込みすぎない」

彼がぺーすを決めてくる場合、彼と同じように、自分のペースも伝えてみましょう。「今週、ご飯行こう」「今からいくね」と言われたら自分の予定をしっかり伝えていきます。自分と相手のパーソナルエリアができて心地よく付き合えます。

もっと恋愛を楽しめる人類になろう

まんまマリアでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*