こんにちは、マリアです。

手相を覚えるときって、
本や教材で知識を深めます。

私は実験が大好きです。
教材が当たっているか
調べることにしました。

人生の先輩方の手相をみて
起こった出来事を聞いたり、
線と照らし合わせてみた。

特に手相を勉強している方なら
一度は見てみたいと思うはず。

手あたり次第、お年寄りの手を
見させて頂いた。

いままでの経験や
どんなことに苦労して
生きてきたか聞いてみました。

手相は、人生の経験やどのような
考え方をするかが、脳のしわのように
手にもしわとなって現れる。

結果

お二人のご年配の方の例を紹介します


 

1・男性
軽い精神障害を患ったことがある
今でも精神科のお薬が欠かせない

手相:
頭脳線が急カーブして
手首の方に傾く


2・男性
食品会社をもつ、
既に引退された会長さん

手相:
運命線、太陽線がはっきりしている
特に運命線は中指の根元を超えて
指まで伸びている


人生で努力して、成功する人。
考えすぎることが日常になってしまい
病気になってしまう人。

手相がこうだからこの経験しているのか
すべての経験が終わったから、
手相が変わったのか?

しわができるタイミングは
よくわかりませんけど
線と経験は合っているんです。

手相は5年先までは
とても変化しやすいので
手相を見て運勢がよさそう
と思って努力を怠ると
せっかくの良い手相が変わる
可能性があるんです。

やはり地道な努力が
人生の結果を決めるんだと思います。

もう一つ大切なことは
思考して行動することで
未来はいくらでも変えられるということ

やってはいけない経験はないんだと思います。