占い10か月「ふと客はある日パタッと姿を消すんです。占い師の収入」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもご訪問ありがとうございます。
ブログでは、好きな占いで
生活ができるようになるまでの
事実と心の動きをご紹介しております。

目標は占いで毎月50万円稼ぐ!

占い師になって9か月目の収入です。
これから占いをしたいと思っているかたの参考になればと思っています。

今日はバレンタインデー

今日の売上は5名で30000円でした。とっても久しぶりな金額である。本当はもっとコンスタントに売上を上げたいな。リピータが3名、新規が2名でリピータさんのありがたさをひしひしと感じます。

近所に「さわてつクリニック」のパーティーイベントの案内がありました。ワンコインマッサージと1500円でビール飲み放題なんです。

お店が終わるまで行くか、悩んでいましたが、意外にも、私の足が勝手にお店に向かっていた。

さわてつさんのマッサージは、なかなかポイントをついていてとって気持ちが良かった。最後に身体をボキボキ鳴らしてくれた。パーティーで他のメンバーは、さわてつさんの奥様を初め。友達の友達が多かった。全員で13人ぐらいで小じんまりしていた。殆どのかたに、自分の名刺を配ることができた。まあ、地元の人と仲良くなることって必要だと思う。

ことだまおじさん

20160223火曜 伊勢佐木町。今日の売上は12000円。手取り額は6600円。

今日はお客様の入りが悪かった。ティッシュを配ろうとしたらすでに自分用の紙が大量に入っていました。みんな私の名前が入っているのをわからなったみたい。まあ、ティッシュに紙を入れる手間が省けました。これは配れということかと思い、あきらめて配りました。

伊勢佐木町に来るようになって8ヶ月たつ。たくさんの人に声をかけていただけるようになりました。

一人は近くにすんでいるからまたくるね、あなたが占いするの?

また、週3回社交ダンスに通うコジャレたおじいさん。あなたのことは良くみてるよ。私は占いしてもらはないけど、ごめんね。またねって(о´∀`о)

ごきげんようとかおっしゃってました。

なんて、うれしいじゃないですか。

あと2回きたら伊勢佐木町店にはレギュラー終わってしまうんだな。いろいろと思い出します。

そして、占いはしないけど良く話をする少しボサボサあたまのおじさん。頭が良いかたでした。爆弾のように出てくる言葉はほんとうにおもしろいし、飽きさせないたのしいかたでした。

今日は

『良い指揮者は刀を研ぐことを止めない。感動を与えるとはそういうこと。占いも感動を与えないとな』といっていた。

通りすがりに話しかけてくる人は神様だと思っている。すぐそばに神様がいて絶えず、メッセージを送り届けてくれている。

なかなか稼げない日

20160226(金) 湯島天神下店

今日の売上は6名で34450円。手取り額は15290円

今月の低迷している原因は何だろう。ひとつは、2月に入ってから風邪をひいてしまい。元気がなかった。結局やる気もなかったかもしれない。何よりもマインドの状態が良くなかった。昨日からずっと考えていた。何かをやるときは潜在意識にしっかり、必要な金額をセットすることが必要だ。このことを怠っていたのです。今日は、40,000円以上をお願いしてきました。すると、どうでしょう。占いの他にもパワーストーンを購入してくれる方もいて、40,000円には届きませんでしたが、まずまずの金額でした。簡単なことなのですが、これがとても重要な作業となることが分かった。

湯島店でリピータが若干増えたと思う。必ず、21時過ぎに来てくれる水商売のお客様がいるので、あまり早く店を閉めないように注意したいと思う。

占いの鑑定時間

私は占いを時間単位で商品として売っている。本来対価としてはこれが適当なのだろうか。この時間単価でお客様はどのように感じているのだろう。4500円なの~安いねと思わせるような鑑定をしないと行けないだろう。間違っても高いと思われてはいけない。

20160228(日)大久保

今日の売上は29000円。

明日も頑張っても、二十万円の収入は厳しそうです。今月の前半は風邪をひいてひまい、絶不調だった。ついでにやる気も出なかった。この占いの日記も書きたくないぐらい、モチベーションが下がっていた。今からがんばってもたかがしれている。とほほだ。

20160229 (月)大久保 

今日の売上は7500円。今日も30000円以上の売上があったら、手取りで二十万円を超えたのですが、もう時すでに遅し。どうあがいても無理だった。

占いハートフル伊勢佐木町店

ふと客がこなくなるリスク回避

何か変わったことをしてやらないと、大久保店の未来はない。Yさんだっていつまで来てくれるかわからない。一番いけないのはこのふと客に甘えてしまうこと。Yさんは他の占い師さんのところにも行っていて、一時間以上も鑑定をしてくれる。とっても甘えたくなる気持はわかる。他のリピータが来てくれるのはうれしいけど、新規がもっと増えてくれるような対策を考えている。昔、占い師のスケジュールを貼り出していた黒板タイプの看板がある。これに、いろいろ自分のものを張り付けて、外において見た。すると、多少反応がある。

これから考えているのは、占いに興味がある人の引き込みだ。興味がある人は、占いに対して文句を言っている人だったりする。

「占いって怖い」とか、「誕生日でみるだけならつまらない」とか

お店の前を通っていくときに少しだけ聞こえる。声を出していくひとは明確な言葉があるけど、何も話をしていないほかの人たちはどのような思いで占いを見ているのだろうか。

※ふと客とは  常連のお客様で毎週のようんに来店されて1時間以上鑑定されるお客様のこと

リアルな占いの収入をお伝えしていきます。

週4日の出演で 322,500円

次回は占い開始11か月目の収入を書きますね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

>>自己紹介はこちらからどうぞ

占い師になってみた人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。