占い館の手伝いをしたら、チラシ配りで流血事件発生!

こんにちは
ブログでは、好きな占いで
生活ができるようになるまでの
事実と心の動きをご紹介してまいります。

占い館の手伝いでビラ配りをしたときに
流血事件が起きたのでかきますね。

ハートフルは占い師の派遣も行っています。
そのひとつに上野にあるABAB(アブアブ)の7階に
ザ・メリーマリアージュとコラボした
占いをする場所がありました。(今はここに占い館はありません)
<ザ・メリーマリアージュは手作り結婚式のプランや
衣装のレンタルをされていました>

チラシ配りをやってみました

ブースの場所は7階の最上階です。
お客様を7階まで呼び込んだり、集客するのは
難しいんです。

 

ビラ配りをしたのは、一階エスカレータの上り口でした。
お昼休みのOLさんや女性をターゲットに
配りはじめました。

 

チラシを配り始めて、30分ぐらいしたとき
事件が起きました。

 

私がチラシを配ろうと構えていたとき
20代の女性が、駆け足でやって来て

エスカレータ手前のステップに足を掛けたとき
滑って転んでしまったんです。
エレベータの手すりに額をぶつけてしまいました。

 

「ゴン!!」と大きな音

 

目の前で転んじゃったんです。

駆け寄ってみると
眉毛から額にかけてぱっくり裂けていました

救急車が来るまで、近くのお店の方に
手伝ってもらって止血をしていました。

このとき、彼女の額を押えていたティッシュの
血液に触れてしまったのです!

「一瞬ドキッとしました」

その時、彼女自身の
これから起こる出来事が見えたのです。

 

彼女はたまのこしの結婚をして
幸せになっていくのです♡

そう、今よりもっともっとハッピーな状態に
なっていました。幸せかどうかは
私が決めることではないのですが
彼女が幸せそうな感情であるのはわかりました。

災難にあった女性が今この瞬間に
幸せも併せ持っている
というお話でした。

 

>>自己紹介はこちらからどうぞ

占い師になってみた人

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*