みちのくのお母さんへ、じつは東京で占いだけで生活しています

いつもご訪問ありがとうございます。
ブログでは、好きな占いで
生活ができるようになるまでの
事実と心の動きをご紹介しております。

目標は占いで毎月50万円稼ぐ!

これから占いをしたいと思っているかたの参考になればと思っています。

母への手紙を書きました。

 

ここだけの話
昔から得意ではないけど
ひととつながるお仕事をさせていただいています

お母さん、
やっと夢中になれる仕事を見つけました
毎日充実したときを過ごしています。

 

占いのお仕事で食べています
わたしね
先生と呼んでもらっています

 

「占い」というと何をイメージしますか
誕生日や名前から占うイメージが強いでしょうか

 

わたしは占いの学校に通って
タロットと手相を学びました

 

占いというのは
知識を見せびらかすものではなくて

 

知りたいことを伝える仕事みたいです

 

そして
お客様には売るものがないようなんです。

 

どんなに力を入れてひとりよがりで伝えても
意味がないし、役にたたないようです。

 

では、何をしているのかって?
「出会いを楽しんでいる」んです

 

毎回、出会い方が違っていて楽しいのです
出会いの動機はなんであってもいい

 

ひとりひとり思いは違うし、むしろ違っていい
違う考えが集まってくると
 
意識が変わって変化が起きる
そして目の前のお客様が変わっていく

 

「すごーい。占い当たってる~!」
「なんでわかるんですか~」

 

こう言われると正直うれしいし、鼻の穴が膨らむ

 

 

この仕事で
占いを通して人を見ていたい
 
喜びになる瞬間は
出会う機会に恵まれて
今この場所でお話できること

 

ひとの素晴らしさと残酷さ、裏切りやウソ
ひとりひとりの経験や思い
そして欲望に触れられる

 

私にはこの新しい時代の風が感じられる
 
そして変化には人間の欲望も必要なんだということ
美しいものは汚いものがあるからこそ美しい

 

「ウソを見抜くこと」
これがわたしのお仕事です。

 

お母さんには
私のウソが
最初からわかっていたんですね

強がっているっていうウソは
はじめから見抜かれているでしょうね

 

お母さん、

今まで見守ってくれて
ありがとう

あなたの娘で良かったです
わたしを生んでくれてありがとう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*