「占い師の節約生活」おにぎりを食べ続けた結果

こんにちは
いつもご訪問ありがとうございます。
ブログでは、好きな占いで
生活ができるようになるまでの
事実と心の動きをご紹介しております。

今日は食の大切さについて
書きますね。

節約のため食費を抑える

占い師になってからは
いかに食費を抑えるか考えていました。

私がやったのは
昼と夜をおにぎり
で済ませることでした。

おにぎりは小さいころから大好きでした。
車で遠くに行くときとか
出張に行くときでもおにぎりを
握ってバックに入れていないと
落ち着かない。

さらに好きになるきっかけをくれたのが
尊敬する佐藤初女(さとうはつめ)さん

佐藤初音さん

彼女を知ったのはいまから15年前
友達から講演会の話を聞きました。

2016年2月1日
佐藤初音さんご逝去

ひとつの時代が終わったそのような感じがします
佐藤初音さんのことを
「日本のマザー・テレサ」という方もいるぐらい

私のあこがれであり目標です

道に迷った人
死にたくなった人
行く場所が無い人が
青森県にある「森のイスキア」で
お泊りして佐藤初音さんの料理を
いただきます

どれだけの人が
食を通して い・の・ち を感じたのでしょう

人生で辛い時はどんなに長い説法より
ごくごくシンプルに
命をいただく意味を感じる
食べることで自らの命と向き合う

私は彼女の様に食に関しては
しっかりした考えもないし
食のことはずぼらです

ただ一つだけ真似できることをやるならば、
おにぎりを作ること。
ことあるごとにおにぎりを握り続けました。

ん~。
私はたぶん真似るポイントがちがっている

おにぎりを食べ続けた結果

口が裂けてなかなか治らない症状が
半年近く続きました。
当時は疲れているからだとばかり
思っていたのですが、
半年ぐらいおにぎりばかり食べていたので
栄養の偏りを起こしたと思います

お口の両脇が裂けて
毎朝、ごはんを食べるとき
歯を磨くときに
「ピキッ!と」   裂けてしまうのです

毎朝流血していました
約半年ほどたったころ

もしかしたら、、
栄養が偏っているんではないかと感じました
「おそっ!」

足りない栄養は何だと思いますか?

試してみたのは野菜を食べること
症状は回復しません

次に試したのは魚
少しはいいかな~

最後に試したのは肉
豚肉や鶏肉を食べるようになると
症状は一気に回復に向かいます
肉が必要な栄養だとわかりました。
占い師になったら肉を食べると力がでます。

占い師になりたいかたのお役に立てますように。

>>自己紹介はこちらからどうぞ

占い師になってみた人

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*