占い師の収入8か月目「占い師になったら読まないでください」

いつもご訪問ありがとうございます。
ブログでは、好きな占いで
生活ができるようになるまでの
事実と心の動きをご紹介しております。

目標は占いで毎月50万円稼ぐ!

占い師になって8か月目の収入です。
これから占いをしたいと思っているかたの参考になればと思っています。

 

占いが楽しくないのはなぜなのかしら

初めてのお正月

なんとなく占いが楽しくない毎日が続いていました。
世の中はお正月です。お正月といえば初詣なので湯島天神下店に元旦から
出演することを承諾したのでした。

鼻息が荒く出演しました(‘ω’)
沢山の人を占いたいなと思っているので
お店の前を通るかたすべてがお客様に見えてしまっているのです。

まるで獲物を狙う狼のごとく、ティッシュ配りをしました。
100人ぐらい配ったでしょうか。
お客様というのはティッシュ配りをしているときに
お店にお入りにくくなるのでしょうか。

指先が凍えてお店に入ったときにお客様がひょっこり入ってくれたりするのです。

 

 

集客をしている訳なのですが、どこか切ないのです。
それは、道行く人々にこう感じていました。

「覚悟を決めて占い師になった自分」をわかってほしい

売上げも伸びませんしどこかで否定されているような
自分に予約も入りませんから
無視されているようにも、感じてしまう
誰も気にかける人などいないのです。

ただ、ただ、そう感じてしまっていました。

 

 

湯島天神下店前の元旦の人通りを撮影しました。

 

占い師になる前にこの気持ちがわかっていたらやれない

不思議と焦りはなかったけれど
何に落ち込んでいるのかすら
よくわからなくなっていました。

今思うとざわざわの気持ちがループしていました。

売上が伸びない

調子が悪いかも

落ち込む

少し吹っ切れる

調子が悪いかも

落ち込む

少し吹っ切れる

売上は伸びない

この繰り返しが続きました。
不満がたまっていたのかもしれません。占いが楽しめなくなっていました。

 

辛い時期がやってくる。そんなとき頼りになるのは自分の覚悟

「どうしてこの仕事をしていたんだっけ?」

「何のために占いをしているのだろう?」

 

無理に楽しまなくては!などど考えても
気持ちの焦りみたいなものは何も
変わっていませんでした。

 

占い師になった覚悟とは
後戻りができないのです。わたしにはこれしかないのです。
そして、東京に出てきた覚悟、小田原から引っ越してきた資金

絶対に取り戻すのです!

 

離婚して占い師になるまでにはたくさんのひとと別れ
自分のわがままや、独りよがりで振り回してきたのです。
その結果を収穫しなくてはなりません。
無条件に許してもらったその思いいに応えたい。

 

気付いたこと

ひと月ほど、あれこれ考えました。ひとつの答えがあったのです。

「わたしが決めたことだから、楽しんでしまえ」

そうすると

わたしが楽しんで占いに集中すると言葉や表現方法が変わっていきました。
いつもの自分の調子に戻ることができれば次のステップになりますね。

 

 

出演日数は週4回
1/1
1/2
1/4
1/5
1/8
1/10
1/11
1/12
1/15
1/17
1/18
1/19
1/22
1/24
1/25
1/26
1/29
1/31

1月の収入金額は
311,250円

リアルな占いの収入をお伝えしていきます。
次回は占い開始9か月目の収入を書きますね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

>>自己紹介はこちらからどうぞ

占い師になってみた人

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*