コリー犬協奏曲

家族の困難で、1歳のイタリアングレーハウンドを飼うことになりました。

来た当時、3キロの重さしかありませんでした。

名前はレアです。

身体能力の高いいぬときていたので、毎日二時間の散歩に連れ出していました。

賢い子で、数ヶ月で、私の指示にしたがえるこになってくれました。

ある時、何時ものように小さい公園で、リードを外して自由はしらせていました

そこに、三頭の大型コリーを連れたご婦人があらわれたのです。。

なんとロングリードで、追いかけさせ始めたのです。

それから犬に対して、トラウマになりました。

トレーナーにもお願いして、犬と人に対する恐怖感を取り除く努力をしてきました。

この頃、いい感じになってきたんです。

またまた。そのご婦人がご、今度は五頭で追いかけてきたのです。

「ふざけるな!!」と叫んでしまいました。

近くにいた犬友に、大声で「この飼い主は。。。」と話してしまいました。

五年間克服してきたうっぷんが爆発しちゃいました。

次の日、なんと!!またコリー姉さんと会ってしまいました。

でもそのコリー姉さんは、謝ってきたのでした。

え?でした。

あの時五年前、ちゃんと分かるように言ってみていたら違うのでは⁇

ときずいた瞬間でした。

こまってることは、伝えてみることも解決策の一つ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*